冬の車中泊は寝袋・シュラフが必須アイテム。モンベル・バロウバッグ#0をご紹介!

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

車中泊キャンプに欠かせないものの一つといえば寝袋。

今回は私が愛用するモンベルの#0をご紹介・レビューいたします。

冬の車中泊は寝袋・シュラフが必須アイテム。愛用する【モンベル・バロウバッグ#0】をご紹介!

モンベル・バロウバッグ#0

こんにちは、@車中泊ライフです。

この寝袋を購入したのは12月の頭、当時私は仕事に追われ年内でFIXしなければならない業務遂行のため車中泊を余儀なくされていた時期でした。

師走真っ只中で気温は平均して一桁台の前半。

車中泊しながら仕事をしなければならないと発覚したときは『季節的に大丈夫だろうか?まさか凍死しないよな?』などと危惧していました。

顔

年の瀬に車中泊で死にたくないなぁ汗

冬場に車中泊はおろかキャンプすらしたことがない人間にとっては当然な危機感・不安だと思います。

かくして冬場の車中泊を乗り切るための【寝袋・シュラフ探し】のために調べることになったのですが、なぜ私が『モンベル・バロウバッグ#0』を選んだのか、その理由について綴ります。

詳しい製品情報などについては▼のオフィシャルサイトをご参照ください。





私が【モンベル・バロウバッグ#0】を選んだ理由

私が【モンベル・バロウバッグ#0】を選んだ理由は以下になります▼

  • ネームバリュー
  • 価格・コスパ
  • 体格
  • 連結できる

以下、順に解説していきます。

ネームバリュー

やはりネームバリューは気になりますよね。

寝袋・シェラフを検討する以前にもモンベルの製品にはお世話になっていたので、やはり『アウトドアグッズと言えばモンベルで間違いないでしょう!』という意識があります。

今回ご紹介している【モンベル・バロウバッグ#0】を実際に使ってみるとやはり『モンベル間違いない』という印象でした。

他にも様々な有名メーカーと比較したのですが、それらと一線を画す理由は以下。

価格・コスパ

やはり価格の差はデカいですよ。

この【モンベル・バロウバッグ#0】は税別で定価『20,500円』です。

めっちゃ安くないですか???

比較対象だった他メーカーの価格帯の半分、下手したらそれ以下のお値段です。

『アウトドアギアはガンガン使って買い替えのサイクルが早い』

というイメージがあった私は、やはりなるべくだったら購入価格を抑えてコスパの良い買い物がしたい、という希望がありました。

顔

安いに越したことはない

(実際車中泊キャンプでガンガン使っていますが、3年経った今でもへこたれる気配すらないので買い替えはまだしばらく先になりそうです)



体格

寝袋・シュラフ探しにあたっては私の体格もけっこうネックでして。

というのもわたくし、身長が『188cm』の巨漢なんですよ。

▲のオフィシャルサイトに記載があるのですが、モンベルさんの寝袋・シュラフはモデルによって『ロングモデル』なるバージョンが存在しまして、対応身長が『190cm』までいけちゃうんですね。

顔

ギリいけるじゃん!!

寝袋・シュラフに限らず色んな面でこの身長がネックになっていた人生なので、私のモンベルさんへの評価が爆上がりしたのは言うまでもありませんね。

連結できる

この【モンベル・バロウバック#0】は同じモデル同士を連結することができます。

検討してる最中、すでに追い追い妻を『車中泊キャンプの趣味』に引き摺り込もうと企てていた私は先のことを考えて『連結できる』という仕様にえらく惹きつけられてしまいました。

(現在、妻を車中泊キャンプの趣味に引き摺り込む作戦は成功しています)



【モンベル・バロウバッグ#0】を使ってみた感想

続きまして、実際に使用した感想を以下に書いていきます▼

  • 伸縮性がよく寝心地が抜群
  • めっちゃ暖かい
  • 中に入りやすい構造

伸縮性がよく寝心地が抜群

オフィシャルにも記載がありますが、モンベル独自のストレッチシステムにより伸縮性がよく、窮屈感のない寝心地が最高です。

画像のほうが分かりやすいと思いますので、公式から引用させていただきます▼

モンベル公式サイトから引用)

この【モンベル・バロウバッグ#0】が私の寝袋・シュラフデビューだったのですが、『寝袋って窮屈そう』という購入前のイメージは見事に覆されました。

高身長で巨漢な私がバロウバッグ#0ロングを使っての就寝中、窮屈な思いをしたことは一度もないので伸縮性は本当に優れています。

めっちゃ暖かい

言わずもがな、めっちゃ暖かいです。

ぶっちゃけ12月の車中泊とか無理だろうと思っていたのですが、全然いけますね。

1月〜2月はまだ経験ないのですが、12月の車中泊から想像するに、インナーの着込み具合を調整すれば全然イケる気がしますね。

というか対応温度的には余裕なので、来年の頭に車中泊した際は追記でレビューしたいと思います。

中に入りやすい構造

寝袋の首から足元までサイドのジッパーでガバッと開閉できるので、狭い車中でも簡単に全身を入れることができました。

こういう使いやすい構造は車中泊だとありがたいですね。



防災グッズとしても寝袋は有効だと感じました

例えば被災した場合、状況によっては普段使っている布団類が使えなくなってしまう可能性があります。

避難所に布団一式を持ち運べない状況で、それが真冬ともなれば生命に直結してしまう問題でもあります。

そんなとき、コンパクトに収納できてしかも軽く、持ち運びの容易い【寝袋】が役にたつことは間違いありません。

顔

真冬に寝袋ナシは厳しいよね汗

これまでの経験を元に防災グッズとしても使えるキャンプ・車中泊グッズをまとめましたので、よかったらそちらもご参照ください▼

【モンベル・バロウバッグ#0】買いにいったら売り切れてました

来たる冬に向けて先日、モンベル店頭に妻用の【バロウバッグ#0】を買いに行ったのですが、なんと売り切れでした。

スタッフさん曰く寝袋・シュラフのラインナップが出揃うのは10月中頃〜ということで、購入をご検討中の方はその時期を目安にするといいかもですね。

まとめ・結論:冬の車中泊は【モンベル・バロウバッグ#0】でOK

まだ1月〜2月を経験してないのに言い切っちゃうのもどうかと思いますが、まぁ12月の体感から察するにOKなんじゃないかと。

もちろん個人差はありますが、着込む衣服をちゃんと考えれば余裕な気がしますね。

というか公式で明言されている対応最低気温を見る限り大丈夫でしょう。

来年のその時期に実際わたしが体を張って体験してきますので、そのレビューを楽しみにお待ちいただければと思います。

今回ご紹介した【バロウバッグ#0】はコチラ▼の番号違いになります。

まだamazonなどに載ってなかったので、シリーズの参考までに載せておきます。

ちなみにですが、冬の車中泊キャンプに向けて妻用の【ダウンハガー650 #0】を購入して比較記事を書きましたので、中綿の種類を『ダウン』or『化学繊維綿』で迷ってる方は、よかったら参考にしてみてください▼

ではまた!!

1万円以下で買える『高コスパ寝袋』のまとめはコチラ▼




キャンプ用品を高く売りたい




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で車中泊ライフをフォローしよう!