車中泊はカーテンやサンシェードなど目隠し必須!覗かれるかもしれないよ?

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

防犯対策的な意味でもカーテンなどの目隠しは必ず施して車中泊しましょう。

個人的に目隠しは、車中泊を始めたい方が最初に揃えるべき必須アイテムだと思います。

車中泊はカーテンなどの目隠しが必須。覗かれるかもって思うと眠れないでしょ?

こんにちは、@車中泊ライフです。

赤の他人に寝顔を見られても平気って人なら別にいらないとは思いますけど、普通の感覚なら嫌じゃないですか??

しかも他人なんてのは何考えてるかわかったもんじゃないので、中には常識人のフリしてヤバイ人も紛れています。

詳しくはコチラをご覧んください▼

顔

ほんとに怖かったからねコレ

こんなことやってくる人間が潜んでいるので、防犯の意味でも、車中泊での就寝中は車内を覗かれないほうが身のためです。

なにかあってからじゃ遅いので、個人的に車中泊には絶対に『目隠し』の類が必要だと思っています。

DIYで自作するって手もあるけど . . .

実はワタクシDIYカーテンを自作した経験があるんですが、その使いづらさからソッコーで使わなくなった過去があります。

残念ながら作り方は残していませんが、あまりにも簡単に外れてしまうので、朝起きてみると外から丸見えだったこともあります。

顔

あれは恥ずかしかった

安く済ませようと百均などで材料を買い揃えて作ってはみたものの、出来栄えや使い勝手はやはり既製品には勝てませんでしたね。

【カーテン】or【シェード】

『目隠ししたほうがいいよ』とは言っても、選択肢って【カーテン】か【シェード】の2択なんですよね。

一長一短なので『こっちが正解』ってのは人によりますが、まぁお好みでいいんじゃないでしょうか。

ちなみに我が家は【シェード】にしました。

シェードを選んだ理由やメリット&デメリットについては後述するとして、まずは【カーテン】について触れておきます。

シェード】につきましては後ほど写真も載せますね。

車中泊に【カーテン】を選ばなかった理由

理由は3つあります。

  • うざったい
  • ヤンキーっぽい
  • レールの取り付けが面倒臭い

【カーテン】は『うざったい』

もうシンプルにうざったくないですか??

過去エントリーで『エブリイワゴンは室内広々』と言いましたが、とはいえ軽バンです。

なるべくなら運転席周りを狭めるような施策は避けたい、ってのが実情。

しかも窓を全開にすると、いくらまとめているとはいえ多少はバタつくのでそれも嫌だ。

顔

邪魔くさくない?

【カーテン】は『ヤンキーっぽい』

偏見かもしれないけど私の目から見るとそんな印象です。

申し訳ないけど、カーテンのあるワンボックスに乗ってる人は総じてオラついてる雰囲気がある。

私はまったくそういうタイプの人間ではないので、人からそういう目で見られるのも心外なのでそれは避けたい。

【カーテン】はレールの取り付けが面倒臭い

なによりやはり『レールの取り付け』が面倒臭いですよ。

業者さんに頼むにしても工賃がかかるし、セルフだと失敗する可能性もあるし。

しかも、なるべくだったら車体にダメージを与えたくないじゃないですか??

ビスで取り付けってのもかなりネックでしたね。

車中泊でカーテンを使うメリット

色々と言いましたが、もちろん【カーテン】にもメリットはあると思います。

実際に使ってないので想像の域をでない部分は割愛しますが、【シェード】を購入して比較することで明らかなメリットが見つかりましたのでご紹介します。

ぶっちゃけ車中泊には【カーテン】のほうが楽だと思う

比較した経験則だと【シェード】より【カーテン】の方が楽だし早いです。

これは間違いない。

まぁ大した差ではないですが、やはり『シャー』とやって一瞬で準備が終わるのは楽以外のなにものでもないですね。

取り付ける前行程は面倒臭いけど、取り付けた後は圧倒的に【カーテン】の方が楽だと思います。

車中泊に【シェード】を選んだ理由・メリット

先述しましたが、【カーテンのデメリット】を回避できるのが【サンシェード】のメリットだったんですね。

そのデメリットを避けることが出来る我が家の【サンシェード】を写真を交えご紹介します▼

車中泊・カーテン・サンシェード・目隠し

▲このように吸盤で窓に貼り付けるタイプの【サンシェード】を選択しました。

理由はやはり脱着が楽そう、ということで。

車中泊・カーテン・サンシェード・目隠し

吸盤の裏はこんな感じになってます▲

拡大してみましょう。

車中泊・カーテン・サンシェード・目隠し

つまみのような形状になっており、強く握ると形がひしゃげてシェード本体のホールから抜けるようになってます。

車中泊・カーテン・サンシェード・目隠し

窓に貼り付けた写真がコチラ▲

ご覧の通り、窓の大きさにぴったりの寸法です。

それもそのはず、この【サンシェード】は我が家の車中泊で大活躍な愛車『エブリイワゴン』の専用サンシェードでございまして、各窓の寸法にぴったりの設計で作られております。

専用設計で作られているということで、窓にぴったり収まる目隠しが各窓用にあり、全ての窓を外から見えないように完全に塞ぐことができます。

顔

これはすごいぞ

『専用マットレス』もそうですが、車本体に取り付けるものに関しては、やはりその車種専用に作られたぴったりな寸法なものがストレスフリーで間違いないのでオススメですね。

ちなみにですが、車中泊用の高密度ウレタンマットレスも『エブリイワゴン専用設計』のモノを買いました▼

【サンシェード】にもデメリットはある

何事も良いところばかりではないのが世の常ですので、▲の専用サンシェードに関しても例外ではないです。

以下、実際に車中泊キャンプで使ってみて感じたデメリットになります▼

  • かさばる
  • 取り付けがちょっと手間
  • 結露で取れることもある

【サンシェード】はかさばる

シンプルにかさばります。

▲のサンシェードがフロント、サイド、リアの枚数分あれば相応にかさばってしまいます。

車中泊キャンプの荷物にプラスしてこれだけの質量が増えるのさすがにデメリットかと。

まぁこれはサンシェードそのものにもよりますので一概には言えませんが、もしかしたら他にもっとコンパクトになる製品もあるかもしれないです。

【サンシェード】は取り付けがちょっと手間

カーテン】でも少し触れましたが、窓に密着させて取り付けるタイプの【サンシェード】はちょっと手間ですね。

あくまで【カーテン】と比べれば、っていうレベルの話なんですけどね。

【サンシェード】は結露で落ちることもある

何度か経験しましたが、就寝中に窓自体が結露するとどうしても吸着力が弱くなって、翌朝一部が剥がれていた、というケースがありました。

これに関してはもうしょうがないという気持ちがありますが、もしかしたら取り付け時の押し込みが甘かった場合もあるので、今後また改善に努めたいと思います。

車中泊はカーテンやサンシェードなど目隠し必須!覗かれるかもしれないよ?のまとめ

というわけで、我が家は車中泊の目隠しに【サンシェード】を選択しました。

どちらを選ぶかは個人の好みで全然OKですが、一つ間違いないのは『車中泊は絶対に目隠しの施策が必須』ということです。

個人的に、専用ウレタンマットレス同様、車中泊にはなくてはならないものだと思っています。

created by Rinker
プライバシーサンシェード
¥10,180 (2019/10/21 18:51:55時点 Amazon調べ-詳細)

私が購入した▲のエブリイ専用サンシェードは『フロントセット』と『リアセット』が別売りですので、適応する型番などをご確認の上ご検討ください。

車中泊で何かトラブルがあってからでは遅いので、思いつく限りの防犯対策を心がけて楽しい車中泊ライフを送りましょう。

今回ご紹介したグッズ以外にも『車中泊専門店』に良さげな目隠しアイテムがありましたので、よかったらそちらの方も参考にしていただければと思います▼

顔

ではまた!

【▼車中泊キャンプ初心者におすすめの記事まとめ▼】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で車中泊ライフをフォローしよう!

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてくれると嬉しいです!!