冬の車中泊、もしかしたらポータブル電源なくてもイける予感!!

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

冬の車中泊に必須だと思っていたポータブル電源ですが、もしかしたら工夫次第では無くても大丈夫なんじゃないか疑惑が湧いてきました。その理由を体験談を基に解説します。

冬の車中泊、もしかしたらポータブル電源なくてもイける予感!!

こんにちは、@車中泊ライフです。

今回のテーマはタイトル通りなんですが、先日の車中泊キャンプをした結果、工夫次第ではポータブル電源無しでも大丈夫なんじゃないかと感じました。

(先日のキャンプの様子は過去記事とYouTubeでどうぞ▼)




そもそもポータブル電源を何に使う予定だった?

ズバリ【電気カーペット】です。

電気カーペットを敷いて、その上に厳冬氷点下対応の寝袋で車中泊しようかなと考えていました。

過去に調べた結果、色んなブログ・メディアで『電気カーペットがあると快適性が段違い』との先輩方の体験談が書いてあったので、

顔

そうなのかもなー

なんて思考停止で思ってたのですが、先日の0度前後の車中泊キャンプを経験してみると意外とそうでもないような気がしました。




冬の車中泊は工夫で乗り切れるんじゃないか説

ただ、ウレタンマットレスの上に直で寝袋だけだとマットレスの冷たさが体に伝わってきてしまうので、そこは工夫・対策が絶対に必要です。

全ての寝袋が同系色なので分かりにくいですが、寝袋とウレタンマットレスの間に春夏用の寝袋を開いて敷いています▼

冬の車中泊

この方法は偶然の産物なのですが、キャンプの前日に思いつきで『絶対寒くて眠れないから予備でもう1つ寝袋持って行こう』ということになり、急遽寝袋の下に敷いてみたところウレタンマットレスの冷たさを感じることがなかった、というわけです。

私より寒がりで冷え性な妻が『今までの車中泊で一番ぐっすり眠れた』と言っていたので、その効果は絶大だったと思います。

(私たちが使う寝袋はコチラの過去記事をご参照ください)




予備の寝袋がない場合の代替案

『いや、予備の寝袋持ってないよ』という方への代替案としては、例えばキャンプ用のアルミ銀マットなんかでもマットレスの冷たさを軽減することができるんじゃないかと思います▼

要はウレタンマットレスの冷たさを体に届けなければいいだけなので、その代替品はいくらでもあるんじゃないかと思います。




冬の車中泊、もしかしたらポータブル電源なくてもイける予感!!のまとめ

という訳で、冬の車中泊のためにわざわざ高いお金出してポータブル電源を買わなくても済むんじゃないかなぁというお話でした。

とは言え、先日体験したのは所詮『0℃〜2℃の車中泊』ですので、今度ガッツリ氷点下の車中泊してきたらその経験をまた記事にしてシェアしますので、これからも応援よろしくお願いいたします笑

この記事が参考になれば幸いです。

顔

ではまた!!




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で車中泊ライフをフォローしよう!