私が車中泊キャンプを選んだ理由は【テント泊が怖い】から

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

私がキャンプを始めるにあたり、なぜ【テント泊】ではなく【車中泊】を選んだか、について、その心配の種を列挙しました。

私が車中泊キャンプを選んだ理由は【テント泊が怖い】から

テント泊 怖い 恐怖

こんにちは、@車中泊ライフです。

当たり前ですが、大人になっても怖いものはあるんですよ。

それなりに長く生きていればそれなりにヤバい経験もしてきている訳で、その経験則として「自分にはちょっとテント泊は無理かも」という結果が【車中泊キャンプ】に繋がってエブリイワゴンを購入しました。

じゃあ一体なにをそんなに怖がってるの?という疑問に対してのアンサー、私が恐怖する対象&理由をこの記事で列挙していきます。



テント泊が怖い理由&恐怖する対象

それでは早速行ってみましょう。

1・野獣

雄大なる大自然の中なのでどんあ野獣と遭遇するか分かりません。

考えられる可能性としては

  • クマ
  • イノシシ
  • 野犬
  • 鹿

ざっとこんな感じでしょうか。

ちなみにキャンプ場までの道中で遭遇したことがあるのは【猿】【鹿】ですが、クマやイノシシとかち合ったなんて話はキャンプ場でなくてもよく聞く話ですし、そんなやつらと薄皮一枚のテント幕を隔てて就寝中に対峙したら普通にチビってしまうと思います。

戦ったとしても勝てる気もしませんしね。

あと山中のキャンプ場で、朝目覚めたらゴミが荒らされていた経験が何度かあるので、眠りが深い自分の気付かなさもけっこうヤバいなと思っています。



野獣 VS 車中泊

そこは車ですから大抵の大きさなら大丈夫なんじゃないかと高を括ってますが、クマとかだとどうなんでしょうかね。

さすがに車をぶん投げるくらいの超脳筋クマと遭遇する可能性は低いと思いますが、まぁ遭遇したとしても【すでに車に乗ってる状況】ですからなんとでもなるんじゃないかと思ってます。

ひっそり息を潜めてやりすごすとか、隙を見つけて車で逃走とか。

2・心霊的な何か

人知を超えた系の何かですね。

私けっこうオカルト話が好きなのでよく読むんですが、割とキャンプ場とか山中の恐怖体験って多いんですよね。

テントの周りを何者かが行進する足音がーとか、夜中目を開けると黒い影がー、とか。

まだキャンプ場や山では経験ないのですが、生活する中での心霊体験はそれなりにあるので割と信じている派の人間なんですよ。

オカルト好きなクセに怖がりなんで救いようがないです。



心霊 VS 車中泊

たとえば夜中、心霊系の何かに遭遇したとしてもまぁ車中なんでね、めっちゃ怖いけど心の中で中指立てちゃいますよね。

無視して寝るか移動すればいいだけなんで問題なしです。

車内最強。

頑丈な壁に囲まれてる安心感ヤバいです。

3・他人

マジで怖いのはぶっちゃけコレです。

世の中には自分の常識・想像をはるかに超えてヤバい人間がそこら中に潜んでいるのはニュースを見ればお分かりだと思いますが、その類の人間を、コミュニケーションを取っていない人間の中から判別する術は誰も持っていません

ましてやキャンプ場は大勢の他人と一夜を共にするわけですから、怖くないわけがありません。

そして昨今よく耳にする

  • キャンプギアの盗難
  • ゴミ・いらない道具の放置
  • 後片付けしない
  • 使用済み油まみれの鉄板・網を川で洗う

普通に考えて、こんなこと▲を平気でやるような人間性の他人を信用できる訳がないんですよね。

もう一度言いますけど、コミュニケーションを取っていない他人の人間性を知る術は誰も持っていません。



他人 VS 車中泊

とにかく命を守ることが最優先ですので、その点では大丈夫なんじゃないかと。

すでに車中なので、危険を感じたらすぐに逃げることができますからね。

もし他人の危険性に晒された場所がテントの中なら . . . 。

想像するだけで恐怖です。

ちなみに私はこんな経験もしています▼

ネタバレしちゃいますが、やはり生きた人間がダントツで怖いです。

まとめ:車中泊キャンプは安心

こんな感じで、私の中で【車中泊キャンプはテント泊より安心】という結論になりました。

とは言えテント泊に興味がないわけでもないですし、いずれは経験してみたいなぁとは思っています。

その際にはレポしますのでお楽しみに。

顔

ではまた!







この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で車中泊ライフをフォローしよう!