夏の車中泊の必需品・グッズ5選を実体験からまとめてご紹介!

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

夏の車中泊を快適に過ごすために必要なグッズを実体験からご紹介します。

熱中症対策の一環として、夏の車中泊を楽しみたい方は参考んしてみてください。

夏の車中泊の必需品・グッズ5選を実体験からまとめてご紹介!

こんにちは、@車中泊ライフです。

先日、夏の車中泊ツアーから無事に帰還したわけですが、連日の猛暑日で想像していたよりも熱帯夜が続きました。

そんな寝苦しい熱帯夜を緩和させるためには、やはりそれなりの準備&装備が必要になってきます。

今回は、そんな『熱帯夜の車中泊』にオススメする車中泊グッズを実体験からご紹介したいと思います。

顔

用意は周到に!!

それでは早速いってみましょう。

耳栓

夏の車中泊の特徴といえば熱帯夜ですが、その対策として、道の駅やPA/SAではエアコンを使いたいがために朝までアイドリングしっぱなしの車が少なくありません。

顔

両隣に挟まれると耳栓なしは辛い!

基本的には原則として公共の施設ではアイドリングは禁止なのですが、車中泊者の全員が良識ある人とは限りませんので、騒音防止として耳栓は絶対にあったほうが良いです。

created by Rinker
Mack's Pillow
¥790 (2019/09/19 09:38:19時点 Amazon調べ-詳細)

網戸

夏に限らず車中泊の睡眠時は一酸化炭素中毒の予防のために窓を1センチほど開けておくのがセオリーです。

しかし夏場にそれをやると高確率で蚊を始めとする虫の類が侵入しますので、それを防ぐために網戸は有効です。

過去には虫侵入で怖い体験もしたので、コチラもご参照ください▼

熱中症対策にも車内の換気は必須なので、虫の侵入を防ぎつつダブルで対策がオススメです。

▲の商品レビューはコチラ▼

防虫・殺虫アイテム

車中泊の睡眠をさまたげる代表格といえば虫です。

いくら網戸があるとは言え、ドアの開閉によりいつの間にか車内に侵入していることはよくあるので、羽音や痒みで睡眠を妨害されないように対策しましょう。

顔

羽音がまとわりつくと眠れない!

夏の大敵である蚊はどこにでも存在するので、車内に侵入した蚊をいかに撃退するかが快眠できるか否かの鍵を握っています。

▲の商品レビューはコチラ▼

クーラーボックス

日本全国、車中泊できる場所は様々ですが、そこに必ずしも冷たい飲み物を供給する自動販売機があるとは限りません。

特に夏の車中泊は熱中症と隣り合わせなので、いかなる場合・場所でも飲料水を準備しておくのがベスト。

顔

自販機がない場所もあるからね

飲み物以外にも、体の幹部を冷やすための保冷剤や氷の類を持ち歩いて熱中症対策を心がけましょう。

私が愛用するクーラーボックスはコチラ▼

▲のレビュー記事です▼

ですが、車内のキャパによっては旅の邪魔になってしまう可能性もあるので、そんな方には折りたたんで小さくなるタイプがオススメ▼

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥7,983 (2019/09/19 09:38:21時点 Amazon調べ-詳細)

扇風機

熱帯夜の車内は気温+人の体温で熱気がこもるので、外に排出させる&入れ替えるためにも空気をかくはんさせる必要があります。

顔

車内に2人いるとみるみるうちに気温が上昇

網戸付きの窓を開け放っていても外が無風だとなかなか循環が難しいので、そんなときは扇風機がサーキュレーター代わりになるので便利です

自身の体に風を当てるのも良いですが、首振り機能がある扇風機で車内の熱気を外に排出させることも考えましょう。

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥7,450 (2019/09/18 15:39:57時点 Amazon調べ-詳細)

▲の商品レビューはコチラ▼

車中泊用の扇風機に【マキタ 充電式ファン CF102DZ】を購入したので使用感などをレビューします。実際に真夏の車中泊で使用した感想などを写真を交え詳しく解説します!!

▲の扇風機はマキタのバッテリーを持ってないと揃えるのが難しいかもしれないので(ACアダプターでもお使いいただけます)、そんな方には電池式&USB充電式がオススメです▼

夏の車中泊の必需品・グッズ5選を実体験からまとめてご紹介!のまとめ

こんな感じで【夏の車中泊の必需品・グッズ5選を実体験からまとめてご紹介!】を終わります。

春や秋の車中泊に比べると、夏と冬は季節特有の必須な車中泊グッズがありますね。

今回ご紹介したグッズ以外にも『専門店』に夏の車中泊を快適に過ごすためのアイテムが盛りだくさんでしたので、よかったらそちらの方も参考にしていただければと思います▼

楽しい思い出にするためにも、安心安全を心がけて楽しい車中泊ライフを送りましょう。

参考になれば幸いです。

顔

ではまた!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で車中泊ライフをフォローしよう!