コールマン【コンフォートエアーマットレスSベッド】を車中泊&キャンプで使ったレビュー!

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

車中泊用に買ったコールマンの【コンフォートエアーマットレス S ベッド】を実際に車の中で使ってみたので、そのリアルな使用感をレビューします。

ご購入を検討中の方の参考になれば幸いです。

コールマン【コンフォートエアーマットレス S ベッド】を車中泊&キャンプで使ったレビュー!

楽天市場より出典) 

こんにちは、@車中泊ライフです。

はいコチラがコールマンの【コンフォートエアーマットレス S ベッド】です▼

コールマン【コンフォートエアーマットレス S ベッド】
まずはサイズなどのスペックからご紹介。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,931 (2019/12/15 18:57:10時点 Amazon調べ-詳細)

  • 使用時サイズ:約187x97x19(h)cm
  • 重量:約2.5kg
  • 材質:PVC
  • 仕様:ダブルロックバルブ、ロール式収納

(出典:amazon

おおよそシングルベットのサイズですが、夫婦2人でもギリギリ寝れました。



コールマン【コンフォートエアーマットレス S ベッド】を車中泊で使った感想

前提として、我が家の車中泊用の車「エブリィワゴン」での使用感ということをご了承ください。
そのエブリィワゴンで二回ほど車中泊して気になる点というか思うことが多々あったので、そちらのほうをざっくばらんにお話しようかなと。
あ、もちろんプラスポイントもあるので、そちらも書いていきます。

朝まで空気が抜けず張りを維持

エアーマットあるあるだと思うんですが、こういうタイプって使ってるうちに張りがなくなってきちゃうモノも多いんですよね。
しかしそこはコールマン、さすがです。
大人2人が横になって寝ても、翌朝まで空気の抜けはそんなに感じず張りを維持していました。

もしかしたら、ぼくら夫婦が痩せ型という要素もあるかもしれません。(身長:ぼくが187cmで妻が163cmです)



コンパクトに畳めるのでかさばらない

空気を抜いて畳むとコンパクトにまとまります。
これは車中泊やキャンプ時の荷物はかさばらなくて済むのでかなり好印象。

しかも、マット本体に収納袋が付属しているので、片付けるときに袋を探す手間もありません。

マット本体をきれいに畳んで収納袋で包み、紐二本で結べば簡単にコンパクトサイズに早変わりです。

続きまして、気になる点を挙げていきます。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,931 (2019/12/15 18:57:10時点 Amazon調べ-詳細)




擦れる音が気になる

車中泊時、車内にマットを敷ける範囲が割といっぱいいっぱいなので、寝返りをうつたびにマットと車体が擦れ、独特のギチギチという音が出ます。
まぁこれは車内で使ってるが故の現象なので、テント泊なんかでマットに何も干渉しない状況なら問題ないと思います。

ちなみに就寝時はモンベルの寝袋を使用してますが、そちらのシェルと干渉した音は気になりませんでした。




 コールマン【コンフォートエアーマットレス S ベッド】まとめ

という感じのレビューでございました。

まぁ唯一気になる点はやはり音ですね。

今回ご紹介したコールマンの コンフォートエアーマットレス S ベッドは価格も安くてコスパも良いですし、テント泊専用で使うなら申し分ないマットだと思います。
車中泊で使う車にもよるのでしょうが、そもそも我が家のエブリィワゴンに限っては、やはりサイズ的に合ってないような気がしますなぁ。

横幅が足りないのは何らかの方法でカバーできるとしても、2回目の車中泊で感じた「擦れる音」、これはどうやら縦の寸法がいっぱいいっぱいでマットと車体が擦れてしまうときに発生してるみたいですね。

やはりエブリィワゴンの規格に合わせて作られたウレタン式マットにするべきかどうか、ちょっと悩ましいところです。

あともう一つ、これはぼく等の使い方がアレだったのですが、早めに就寝の準備を始めるためにまずエアーマットレスに空気を入れ、その上で食事や着替えなどをしましたが、やはりエアーマットレス特有のポニョポニョ感の上で活動的になるのは無理がありましたね笑

これがウレタン式マットだったら車中泊の限られたスペースでも動きやすいのかなー、と。

もしウレタン式マットを購入したら、そちらの使用感も追い追いレビューしますね。

(結局ウレタンマットを購入してレビューを書きました▼)

ちなみにですが、ぼくは手動というか人力で空気を注入しましたが、思いの外けっこう大変です笑
小休止無しでパンパンに注入するのはちょっとしんどいですね。
キャンプサイトで空気入れを必死にポンピングするのはまぁいいとしても場所によっては人目が恥ずかしかったので、高速道路のサービスエリアや道の駅での車中泊で使いたい方は▼のような電動空気入れなんかを使うのがいいかも。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,848 (2019/12/15 18:57:10時点 Amazon調べ-詳細)

公衆でのポンピングで恥をかいた先輩からのアドバイスとして参考にしていただければ幸いです笑

ではまた!

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,981 (2019/12/15 18:57:11時点 Amazon調べ-詳細)

コールマンの高コスパな寝袋・シュラフはこちらでご紹介▼

【▼車中泊で使うなら車種専用ウレタンマットレスがめっちゃ快適でした▼】

【▼車中泊初心者の方はこちらの記事がオススメ▼】

【▼ウレタンマットとの比較・レビュー記事はコチラ▼】







キャンプ用品を高く売りたい




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で車中泊ライフをフォローしよう!