車中泊に軽自動車のバン・ワンボックスを選んだ理由。マジで軽バンはオススメ!

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

昨今ブームということもあり車中泊に適した車種が多く発売されています。

今回は、なぜ私が数多の車中泊車の中から『軽自動車のバン・ワンボックスを選んだか?』についての理由を語りたいと思います。

車中泊に軽自動車のバン・ワンボックスを選んだ理由

こんにちは、@車中泊ライフです。

いやほんと、各メーカーで様々な排気量から色んな車中泊向きの車が出てますよね。

車中泊好きにとってこの流れはいい傾向だなぁと感じています。

もっとシーンが盛り上がって車中泊便利なグッズとかが出てくれると、車種は違えど工夫によっては自分の車にも活かすことができるので今後も楽しみです。

さて、そんなブーム真っ只中で色んな車中泊向きの車が発売される中、なぜ我が家が『軽自動車のバン・ワンボックスを選んだか?』について深く掘り下げたいと思います。

とか言いつつもそんな大それた話ではないですが、いま車中泊に軽自動車のバン、いわゆる『軽バン』を検討中の方の参考になれば幸いです。

ちなみに我が家の車中泊用の軽バンは【エブリイワゴン】をカスタムしたものなので、よかったらご覧ください▼

それでは早速いってみましょー。



1・維持費が安い

実は車中泊用の車は『セカンドカー』として検討していました。

もともと我が家は2000ccのワンボックスカーを社用車兼自家用車として使っていたため、なるべくだったらセカンドカーの維持費は抑えよう、ということで『軽自動車』が最有力候補に挙がったわけなのです。

車の車重税についてはコチラ▼の早見表が分かりやすいのでご参照ください。

総排気量1リットル以下で『29,500円』に対し、軽自動車の自家用で『10,800円』となっております。

なんと、およそ三分の一。

ちなみに2000ccのワンボックスは2リットル以下の区分なので『39,500円』がすでに毎年5月〜と車検時に徴収されている金額なので、それを基準にプラスして『どの程度まで予算を出せるか』を計算しなくてはいけません。

軽自動車以上の排気量を選ぶと『39,500円』にいきなり『29,500円』が加算されるのでなかなかの維持費になってしまいます。

顔

なるべく維持費は抑えたいよね〜




2・小回りが効く車格

所持する車でエブリイワゴンが初めての『軽自動車』ということで、納車した当初はそのフットワークの軽さにえらく驚いた記憶があります。

というのも、私の車遍歴は

4000ccのSUV

2000ccのミニバン

軽自動車のバン←New!

なので、どんどん小さくなっている傾向にあります。

しかも住んでいるところが都内のクッソ狭い住宅地ということもあり、その小さい車格がもたらしてフットワークの軽さにマジで感動しました。

車の運転によるストレスがほんとに減りました。

車中泊用のセカンドカーを検討する中で様々な排気量の車が候補に挙がりましたが、やはり生活環境に適しているかどうかも大事な指標なんだと改めて感じました。

というか車を買うときにこの要素を無視したらダメですね。

それこそハイエースやらSUVなんかも候補に挙がりましたが、ちょっと今の住処に適してないかなぁと思います。

顔

家の周りメッチャ狭いんですよ汗

それ系の車を使っている近隣の人、見てて正直大変そうです。



急なUターンや狭い山道・林道も行きやすい

車中泊キャンプが趣味なので山方面に行く機会も多いのですが、山の中の目的地、例えばキャンプ場ってカーナビで正確に表示・案内されないことってたまにあるんですよ。

で、そんなときに入らなきゃいけない小道を通り過ぎちゃったときとか軽自動車だからできるUターンがあったり、ナビに変な案内されて獣道入っちゃたりしても『軽自動車の車格だからこそ』やりすごせた林道なんかも何回か経験しました。

そのたびに助手席の妻と『軽じゃなきゃヤバかったな』なんて冷や汗混じりに話したりします。

▲のエントリーでも書きましたが、めちゃくちゃ狭い、しかも雪道の坂でのUターンも余裕でしたので、山に狭い獣道に遊びに行きたい方にもオススメできますね。

顔

山の獣道とかめちゃくちゃ狭いですからね汗




3・軽バンの積載量

車中泊と同時に『キャンプ』をすることのが趣味なので、荷台の積載量も重要な要素でした。

おそらく各メーカーの軽バンはそうだと思いますが、申し分ないほどの積載量があり、キャンプ道具なんか余裕で難なく積めちゃいますね。

まぁ車中泊な分『テントが必要ない』ってメリットもありますが、仮にテントを積んだとしてもまだまだ全然余裕があります。

しかも我が家のエブリイワゴンはキャリアを取り付けた(ほぼ見た目のためですが)ので、仮に同行する人数があと二人増えたとしても大丈夫でしょう。

文句なしの積載量に超満足しています。

顔

キャリアをつければ鬼に金棒です

まとめ

と、こんな理由で我が家は『軽自動車のバン・ワンボックス』を選びました。

検討する中で優先する要素は人それぞれですが、セカンドカーとして遊び用の車をお探しでしたら『軽自動車のバン・ワンボックス』はホントおすすめです。

我が家のエブリイワゴンについては▼で詳しくご紹介していますので、よかったらそちらもあわせて参考にしてみてください。

ではまた!

【▼廃車寸前のボロ車が思ってたより高く売れて嬉しかった話がコチラ▼】







この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で車中泊ライフをフォローしよう!

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてくれると嬉しいです!!