車中泊ハック

車中泊でサービスエリアは怖い?熟練者が体験をもとに解説します!

高速道路に点在するサービスエリアやパーキングエリアでの車中泊を必要以上に恐れている方々が見受けられるので、車中泊歴約20年の私が体験をもとに実態を解説します。

車中泊でサービスエリアは怖い?熟練者が体験をもとに解説します!

このブログにどんな検索ワードで訪れてくれるのかサーチコンソール で調べてみたところ、どうやらサービスエリアでの車中泊に恐怖心を抱いてる方がけっこうおられるようなので、今回は車中泊歴約20年の私が「サービスエリアでの車中泊は危険かどうか?」について私見を述べたいと思います。

この記事の内容は私個人の価値観・体験をもとに経験則で解説するので、全てを鵜呑みにするのではなく、車中泊するかどうかの判断材料の一つとして参考程度にしていただければ幸いです。

サービスエリアでの車中泊は危険なのか?

結論から言うと、サービスエリアでの車中泊は危険だと思います。

というより、前提として車中泊という行為自体がとても危険なものだと個人的には思っています。

危険な要素をざっとあげると

  • 犯罪者・不審者による犯罪行為
  • 熱中症
  • 二酸化炭素中毒
  • 低体温症
  • 火事
  • エコノミー症候群

になり、ざっと考えただけでもこれだけの危険的要素は頭に浮かびます。

「じゃあなんで車中泊するの?」って話になると思いますが、今回そこは本筋と関係がないので割愛します。

上記の通り色んな危険的要素を孕んでいるのが車中泊ですので、それらに対応するための知識を蓄え、あらゆる事態を想定し、予測を立てて楽しまなければいけない大人としての責任が伴います。

で、サービスエリアの話に戻しまして、サービスエリアでの車中泊は「危険は危険」だけど、スポットとしての危険度は中くらいかなと個人的には思っていて、熱中症や低体温症などの内的要因以外の外的要因、つまり「他人による恐怖」だけでいえば個人的にはそこまで危険ではないかなぁという印象を持っています。

車中泊の外的な危険度は周囲に人・他の利用者がいるかどうかが大きい要因

その理由として、

  • サービスエリア
  • パーキングエリア
  • 道の駅

は比較的他の利用者がいる方なので(もちろん例外はありますが)、どちらかと言えばそんな状況下で犯罪に遭うケースは少ないのではないかと思っています。

逆を言えば、人気の少ない場所は危険な目に遭う確率は高いのではないでしょうか。

ということで、経験を基に私が思う個人的な『車中泊する場所危険度ランキング』を作ってみました▼

車中泊する場所の個人的な危険度ランキング

別記事で私が体験した車中泊での恐怖体験を書きましたが、車中泊歴が長いとその記事以外にも色んな体験をしてきました。

それらを踏まえて、「ここは危険度高いな」という車中泊する場所の個人的な危険度ランキングを作ってみました。

車中泊場所の選定の参考にしてみてください。

危険度ランキング1位:野営場

最恐です。

当然ですが周辺にはトイレや街灯などの文明的な設備は一切なく人気がない場合がほとんどで、しかも携帯の電波がない場所もあります。

ということは、何かあってもまず助けを呼ぶこともできませんし、仮に不審者や犯罪者と遭遇しても自力で全てを対処するしかありません。

しかも、怖いのは人間ばかりではなく、野生動物や人知を超えた何かが対象になるケースもあるでしょう。

夜営場での車中泊は私もほんの数回しかありませんが、正直怖くてなかなか寝つけませんでした。

幸いにも夜営場での恐怖体験はありませんが、いつ何が起きてもおかしくはない空気感・雰囲気は常にただよっています。

完全に超上級者向けの車中泊スポットです。

危険度ランキング2位:24時間無料駐車場

山間部や人里離れた場所にありがちな24時間無料駐車場ですが、ここも相当怖いです。

どういった類の怖さかというと、人間的な怖さです。

想像に容易いですが、「24時間無料開放」と「人里離れている」という要素がかけ合わさると走り屋や暴走族、それに類似する性質の人間が集まってきます。

それらに囲まれての車中泊は正直生きた心地がしません。

というか爆音響かせながら夜中に騒ぐような連中なので、まともに眠ることができません。

耳栓も意味ないです。

そういった連中に一度悪戯をされた経験があるので、あまりにもヤバそうな雰囲気だったら逃げた方がいいと思います。

(そうなった場合のために、私はキャンプ場以外での車中泊はお酒を一切飲みません)

危険度ランキング3位:サービスエリア・パーキングエリア・道の駅

この3つはほぼ同列ですね。

危険性のカテゴリーで言えば「人間」に属しますが、言うても周りに他の人・利用者がいる場合がほとんどなので、そんな状況で車中泊している車に犯罪行為をされるケースというのはかなり稀なんじゃないかと個人的に思っています。

ただ、場所が場所なだけに走り屋の類と遭遇するときもあるので、爆音で眠れない夜があることは覚悟したほうがいいです。

危険度ランキング4位:キャンプ場

外的要因をほとんど心配することなく車中泊を楽しめるスポットは、むしろキャンプ場しかないと言っても過言ではないかもしれません。

まぁキャンプ場の利用客の中にヤバいやつが紛れている可能性は否定できませんが、周りはテントで寝ている中こちらは車内での就寝なので、それらテント客に比べたら正に鉄壁です。

しかもほとんどのキャンパーはマナーが良く大体21:00〜は静かになるのでぐっすり眠ることができます。

稀にクソみたいな人間性のマナーの概念がなさそうなバカ客が近くにいて夜中まで騒ぐ場合がありますが、それはもう運が悪かったということであきらめましょう。

それらが近くにいなければとても快適な車中泊が楽しめます。

車中泊するなら防犯対策をしっかりと!

ということで個人的な危険度ランキングをご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

あくまで私の経験ベースのランキングなので、全て鵜呑みにせず参考程度に捉えていただければと思います。

で、これから車中泊をやってみた方にあえて進言するとするならば、

あらゆる事態を想定し、危機管理・防犯対策をしっかり準備しましょう!

ですかね。

何も考えず、何も準備せず危険な目にあったとしても「そりゃそうなるだろう」としか思えないので、1人の大人としての責任で車中泊を楽しんでいただければと思います。

ちなみに別の記事に防犯グッズをまとめた記事もありますので、よかったらそちらも参考にしてみてください▼

また、YouTubeチャンネルにてサービスエリア・パーキングエリアでの車中泊の様子をいくつかアップしているので、雰囲気掴みの参考にしていただければ幸いです▼

(よかったらチャンネル登録&高評価をお願いいたします!)

ではまた!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で車中泊ライフをフォローしよう!

1

経験則として、被災時の一番の不安は『大切な人の安否がわからない』ことでした。 そういった不安を軽減するためにも充電できる道具を防災グッズの1つとして準備することをオススメします。  この記事 ...

エブリイワゴン リフトアップについて 2

YouTubeのコメントでエブリイワゴンのリフトアップカスタム(車高上げ)の悪影響について質問が寄せられたので、ブログの読者さんにもシェアしたいと思います。  この記事が気に入ったらいいね! ...

エブリイワゴン カスタム 3

車中泊キャンプ用に購入したウチの軽バン【エブリイワゴン・カスタム】の外観を大量の写真を交えてご紹介。 愛くるしさにシビれてくれ!!  この記事が気に入ったらいいね!しよう最新情報をお届けしま ...

ヘリノックス チェアワンL 4

先日、Helinox ヘリノックスの【チェアワン L】を夫婦用に2つ買ったのですが、これは控えめに言っても最高ですね。 早速お気に入りのアウトドアグッズ上位に堂々ランクインです。 他社メーカーとの比較 ...

5

10数年ぶりにグレゴリーのリュック【デイアンドハーフ】を買ってみたんですが、いつのまにかめっちゃ進化してて使いやすくなってましたね。 私の求めていたいたものはコレなんですよ!!!  この記事 ...

-車中泊ハック
-, ,

© 2022 車中泊ライフ