エブリイワゴン4WDで氷点下ー10℃の雪道ドライブに行ってきた【赤城山】

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

人生2回目の雪道ドライブにわざわざ【赤城山】まで行ってきました。

エブリイワゴン4WDで氷点下ー10℃の雪道ドライブに行ってきた【赤城山】

こんにちは、@車中泊ライフです。

温暖化の影響か東京では雪が降る気配がないので、雪道の経験を積むべくわざわざ群馬県の【赤城山】までドライブしてきました。

そのときの様子を動画に納めましたので、よかったらそちらもご覧ください(チャンネル登録&高評価よろしくお願いいたします!)▼

2回目の雪道ドライブの感想

1回目の雪道ドライブ時にくらべてまぁまぁな雪道&道路状況だったので希望通りというか、イイ体験ができたんじゃないかと思います。

で、今回特によかったなぁと思った経験は、

”スタッドレスでも滑るときは滑る”

という事実がわかったことが収穫でした。

踏み固められた雪はスタッドレスでも滑る

氷点下でギチギチに踏み固められた雪は、場所によってスタッドレスでも普通に滑りました。

何度か車のお尻が「ツルツルツルーー!!!」って滑ってハンドルが持っていかれたので、スタッドレスタイヤを過信するのは間違いだなぁと実感できました。

なので、雪道と分かっててソコに向かう場合、やはりチェーンの類も車に積んでおくべきですね。

積もった雪は軽バン4WDでもスタックする

大きい排気量の4WDは分かりませんが、YouTubeの動画内にもあるように、軽バンだと4WDでも普通にスタックしました。

動画内ではちょっと焦った演出にしましたが、内心はもっとヤッベーーーー!!!って感じでヒヤヒヤでしたw

顔

マジで焦ったw

もしかしたら「スタックするかもなぁ」と思っていたので、一応折り畳み式スコップは車に積んでありました。

私が使ってる折り畳み式スコップはコチラです▼

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,090 (2020/02/25 21:20:08時点 Amazon調べ-詳細)

▲は折り畳み式なので収納性・携帯性も良く、しかも1000円前後でコスパもグッドなのでオススメです。

今回のスタックでは踏ん張って抜け出すことができましたが、やはり雪がある場所に出向くときはスコップは必須だと感じました。

抜け出せなかったら氷点下で除雪作業しなければいけませんでしたよw

まとめ

と、こんな感じで感想を終わります。

ちょっと今回ろくな準備もせずに突発で敢行したのですが、ちょっとしか積もってないとはいえやはり雪山ですので、しっかりと準備していかなかったことを反省しました。

次はもっと準備万端で行きたいと思います。

顔

ではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で車中泊ライフをフォローしよう!

シェアしてくれると嬉しいです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしてくれると嬉しいです!!